しまねけんりつつわのこうとうがっこう

島根県立津和野高等学校

地域とつながる、 世界とつながる。
  • #下宿
  • #個室

学校の特長

人の厚さと出会いの数にきっと驚く

津和野高校では、多様な人々との交流があなたを待っています。津和野の町で生まれ育った人も、全く異なる地域で生活をしてきた人も、お互いを尊重し、刺激を与え合いながらともに学んでいます。その環境を支えるのが、教職員をはじめ、多様な経歴を持つ高校魅力化コーディネーターや町営英語塾HAN-KOHの講師陣、インターン大学生などです。そんな環境が作り出した豊かな学びの土壌には、好奇心のタネがたくさん。そのタネを見つけたら、どんな些細なことでも周りの人に伝えてください。それが「やってみたい」を「やってみる」に変える第一歩です。 この津和野高校の小さなコミュニティを介して、あなたは全国そして世界につながっています。 出会いが心を変え、人生を変える。 津和野高校で、知識と経験、そして創造力を豊かに伸ばしませんか。

留学地域の特徴

たくさんの魅力的な大人との出会い

津和野町は、城下町の風情が漂う観光地として知られ、水質日本一にもなった清流高津川が流れる恵まれた自然環境があります。また、藩校「養老館」創設以来、文豪・森鷗外を輩出する等教育を尚ぶ文化の薫り高い町で、地域に出かけて活動するのに最適の環境です。 津和野高校の特色ある授業の一つ、『総合的な探究の時間』では、高校生と地域の大人が1対1で対話する「トークフォークダンス」や、地域の方を講師に招き、好奇心のタネを刺激する様々な体験ができる「ブリコラージュゼミ」、自分の興味関心を広げ、追求していく「プロジェクト活動」などを行っています。 町の大人は誰もが何かのプロフェッショナル。高校生が地域の方を訪ね、力をお借りする場面も多くあります。高校生の「もっと知りたい」「やってみたい」を応援してくれる大人がたくさんいる町、それが津和野町です。

生活・住まいの様子

多様な仲間と過ごす寮、地域で暮らす下宿

津和野高校で過ごす数年間、町での生活はどのようなものでしょうか。津和野高校では、高校から徒歩1分のつわぶき寮と、地域の方の家に住みながら、津和野暮らしを体験できる下宿があります。さらに、R5年度には町営の寮が開寮予定です。 寮や下宿には、島根県全域、さらに各都道府県から集まった約90名のツコウ生が生活しています。進学に向けて学業に励む人、地域の社会活動に参加する人、部活動に打ち込む人、それぞれが自分の夢に向かって、互いを認め合い、協力しあいながら自立した生活を送っています。 全国的にも珍しい高校生の下宿生活では、その地域に入り込み、津和野ならではの暮らしを体験することができます。地域の人の生活に触れることで、津和野の町を、人を深く知る。その経験を通して、地域や社会の見方が少し変わるかもしれません。 あなたはどんな津和野暮らしをしてみたいですか?

イチオシ部活

部活を通じて得る感動

津和野高校には、6つの運動部、3つの文化部、そしてツコウ独自の地域系部活動があります。甲子園出場経験のある野球部や、女子バレー部へは、県内各地はもちろん県外からも多くの入部希望者が集まります。また、津和野町の文化芸術の一大イベント「JAM」では、合唱部や吹奏楽部、美術部が一丸となって取り組みます。 地域系部活動「グローカル・ラボ」は、津和野町の里山コミュニティを活かし、畑で農作物を育てたり、地域のイベントへ参加したり、地域の方と交流や、体験を通して発見した町の魅力、そして部員個々の得意分野を活かしながら、イベントの企画・運営などにも取り組んでいます。町全体をフィールドに活動を行うのが、「グローカル・ラボ」の一番の特徴です。

アーカイブ動画

詳細情報

学校概要

住所

699-5605

島根県鹿足郡津和野町後田ハ12-3

TEL
0856720106
学校タイプ
全日制
学校種別
共学
県外生徒募集の定員
28※令和5年度入試における定員
学科・コース
  • 普通科
教員数
26
生徒数(2023年度)

全校生徒 195名(男9897)

  • 1年生2クラス 73名(男3835)/内県外生徒26
  • 2年生2クラス 50名(男2525)/内県外生徒20
  • 3年生2クラス 72名(男3537)/内県外生徒36
制服

学費・生活費

入学初年度の経費等

入学金
0円
授業料
0円
制服
0円
体操服・体育用品等
0円
教科書・副教材等
0円
PC・タブレット等
0円
修学旅行積立金
0円
学校諸費
0円
合計
0円

調整中です。

生活費(月)

住居費(月額/円)
38,000円
食費(月額/円)
0円
光熱費(月額/円)
0円
合計
38,000円

調整中です。

居住タイプ

住居タイプ
下宿
暮らしタイプ
個室
住居からの通学手段
徒歩
住居からの通学時間
-
住居のサポート
まち親
備考
地域住民の方が大家さんで、地域の中で生活するという貴重な経験ができます。ただし、自律的に生活を送ることができることが前提です。ほとんどの下宿が高校から徒歩20分圏内(自転車通学の下宿もあります)。

部活動

吹奏楽
合唱
美術
グローカルラボ
野球
陸上競技
ソフトテニス
弓道
バレーボール
卓球

卒業後の進路

卒業後の進路
国公立大学
私立大学
短期大学
専門学校
就職
専攻科
その他
卒業生数
2020年度101841540051
2021年度61631960050
2022年度72461950061

資料ダウンロード

学校のサイト・SNS

©2024 地域みらい留学 All rights reserved.