• 高校進学
  • 沖縄県
  • 共学
  • 沖縄県
  • 共学

沖縄県立久米島高等学校

おきなわけんりつくめじまこうとうがっこう

学校ホームページはこちら

学校ホームページはこちら

関連するイベント

島で見つける、自分らしい未来

学校基本情報

沖縄県立久米島高等学校
〒901-3121 沖縄県 島尻郡久米島町 字嘉手苅727
TEL 098-985-2233
Mail school@kumejima-h.open.ed.jp

学校タイプ

全日制

県外生徒募集の定員

高校進学 10
高2留学 0

学科・コース

普通科 / 園芸科

【地域みらい留学ができる学科・コース】

高校進学 普通科 / 園芸科
高2留学 -

各種ダウンロード


教員数

30名


生徒数(今年度)

学内内訳 クラス数 男子 女子 県外生徒数
1年生 3 30 26 8
2年生 3 32 41 12
3年生 3 34 37 13
合計 - 96 104 33

※上記数字は調査時期により数字が異なることもあります。


制服


住まい

1
1 住居タイプ
暮らしタイプ 集団
住居費

月額 42,000円

食費

住居費に3食込

光熱費

住居費に込

住居からの通学手段 徒歩
住居からの通学時間 20分
住まいのサポート ハウスマスター

授業外の学習進路サポート

久米島学習センター

公営塾

沖縄県 島尻郡久米島町字嘉手苅530番地「ほんのもり」1階
TEL 070-3802-2739

教育目標と方針

スクールポリシー

Ⅰ グラデュエーション・ポリシー(育成を目指す資質・能力に関する方針)
1.育成を目指す生徒像
「向上無限」の精神で、多様化する社会の変化に対応し、主体的に学び続け、どんな環境下にお
いても自己実現を図る生徒の育成を目指します。
2.育成する生徒に求められる資質・能力(4つの校訓)
(1)誠実勤勉: 真心や礼儀正しい規範意識をもって人や物事に対し、目的や目標に向かって計
画的に学び続ける力
(2)自律協和: 強い意志と主体性を持って問題や課題の解決に当たり、他者との対話を通じて
お互いを認め合いながら協働出来る力
(3)忍耐持久: 自己肯定感や自己有用感を醸成し、粘り強く自己実現を図る力
(4)剛健進取: たくましく生きる力と体力を持ち、自ら地域や社会の課題に気づき、根拠のある
解決策を導き出す力

Ⅱ カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)
1. 中高一貫教育の充実を図り、連携型入試、合同教科研究会、部活動交流等の研究を推進する。
2. 久米島高校魅力化事業を大いに活用し、町営寮や町営塾との連携強化を図る。
3. 総合的な探究の時間を通して、計画的に地域人材を活用すると共に将来の久米島や社会の在
り方を積極的に学ぶ機会を与える。
4. BIA プラン(習熟度別授業編成)を国語・数学・英語・理科において実施し、家庭学習習慣の定
着及び自主学習力の育成を図り、幅広い進路先に対応する。
5. 各教科・科目において、「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業実践に取り組む。
6. ICT 機器や校内 Wi-Fi を積極的に活用した教育活動の推進を図る。
7. 学校行事(久米高祭・園芸祭・体育祭)や HR 活動、生徒会活動などを通して自主的・主体的に
活動し、問題解決が図れる資質能力を育成する。
8. ハワイとの交流事業や県主催の海外留学・海外短期研修事業を活用し、国際的な視野を持った
グローバルリーダーの育成を図る。
9.特別な配慮を必要とする生徒への個々に応じた指導内容や指導方法を工夫検討し、誰一人取
り残さない教育の充実を図る。(インクルーシブ教育の充実)

Ⅲ アドミッション・ポリシー(入学者の受入に関する方針)
1. 基礎・基本を重視した学習に前向きに取り組み、「向上無限」の精神で何事にも主体的に取り
組む生徒。
2.地域の現状や課題に対し、他者と連携・協働しその解決に当たり、地域の活性化や起業に取り
組もうとする生徒。
3.本校での学びを通して、規範意識を高めると共に「思考力・判断力・表現力」を育もうとする生


学校の特徴

島から広がる限りない世界

沖縄本島から西に約100㎞離れた、東シナ海に浮かぶ「久米島」
その島に唯一ある高校です。
校内は、各学年に普通科2クラス、園芸科1クラスで構成され、全校生徒は200名います。
生徒は、8割が島内出身で2割が島外出身というバランスとなっています。

立地は、校庭のそばに南国風情のある青い海と空が広がっています。
周辺にはサトウキビ畑や城(グスク)跡もあり、異国情緒な風景が広がっています。

地域とは、学校行事を通して交流機会も多く執り行われています。
生徒は、地域における伝統文化や慣習にも触れることができますし、久米島町の姉妹島であるハワイや
その他の海外への留学チャンスもあり、自分次第でチャレンジできる環境が整っていることも特徴です。


地域みらい留学生の生活

「海が体に飛び込んでくる島」で暮らす

島では、どの道を通っても行き着く先は海!
東西南北それぞれの場所で見る海は、まるで違った顔を持っています。
それと同じように、各地から集まった個性豊かな留学生たちは、町営寮「じんぶん館」で生活しています。

風土や慣習にも少しずつ適応しながら、自分を拓く様々な機会に揉まれ、日々多くのことを感じ、学びながら暮らしています。

寮には、島のことなら何でも知っている島人の館長と、沖縄県外から移住した4人のハウスマスターが、時に厳しく時に優しく
留学生の生活をサポートしてくれています。


地域とのつながり、地域の魅力

「限りない蒼穹」人に触れ、風土を感じ、温かさに包まれる!

久米島はその昔、中国や東南アジアとの交易中継地として栄えた歴史があります。
小さな島ですが、古くから伝わる事も多く、昔から多様性を受け入れてきた歴史があります。

地域の人には、島外から来る多様な人を受け入れる器があり、学校行事や個人それぞれの活動を通して
地域の人の温かさに触れる機会も魅力の一つです。

すべては出会いから始まり、感じ、学ぶさまざまな経験は、一人ひとりの限りない未来にも繋がっています。
体験できることも多岐に渡っており、自分次第で地域の魅力を体感できるでしょう。

この島で暮らす3年間は、ご縁あっての出会いがあり、生涯ココロに残る“時”を過ごせる機会でしょう。
また、離れて暮らす家族の有難さや、故郷の魅力にも改めて気づける機会となるでしょう。

部活動

  • バスケットボール 男女
  • 陸上競技 男女
  • 野球 男子のみ
  • テニス 男子のみ
  • 放送 男女
  • 書道 男女
  • 家庭科同好会 男女
  • バレーボール 女子のみ
  • サッカー 男子のみ
  • 植物バイオテクノロジー・園芸 男女
  • 写真同好会 男女
  • 軽音楽同好会 男女
  • 吹奏楽合唱 男女
  • サイエンス同好会 男女
  • バレーボール同好会 男子のみ
  • バドミントン同好会 男女
  • 農業鑑定同好会 男女
  • 美術 男女

イチオシ部活

放送部、野球部

・「放送部」
入学式や卒業式など校内のあらゆる場面で活躍しており、校外では島で唯一のコミュニティFM局「FMくめじま」で、「久米高タイム」という番組を毎週担当しています。生徒たちが企画・運営しており、聴衆率の高い夕方に放送されます。

・「野球部」
少人数ですが、今年“1年生”が例年より多く入部しました!
全員で史上最高を目指して取り組んでいます。
部員には、離島留学生もいます。一緒に目指しましょう!

卒業後の進路

卒業後の進路 国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職 専攻科 その他 卒業生数
2019卒業生 7 15 0 23 19 0 0 73
2020卒業生 1 14 0 23 14 0 0 62
2021卒業生 5 10 1 20 14 0 0 57

写真


動画

学校一覧へ