あおもりけんりつあじがさわこうとうがっこう

青森県立鰺ヶ沢高等学校

「鰺高で、新たな自分探しを ~夢の扉を開きませんか~」
  • #下宿
  • #個室

学校のことを知るイベント

学校の特長

1年間を満喫できる鰺高 ~新たな自分探しへ~

本校の位置する鯵ヶ沢町は、津軽の霊峰「岩木山」、世界自然遺産「白神山地」、そして雄大な「日本海」といった四季折々の変化に富んだ自然を有しています。 また歴史は古く、津軽藩の始祖が居城を構えた「津軽藩発祥の地」であり、江戸時代には津軽藩の御用港として栄えました。当時、往来した北前船は上方文化をもたらし、町に300年以上も続く「白幡八幡宮大祭」は、京都の祇園祭の流れをくむ古式ゆかしい祭りとして今も受け継がれています。主なイベントとして、青森県唯一のトライアスロン大会やスノーボード・ハーフパイプ競技の全日本選手権が行われます。観光施設も充実しており、夏は、キャンプ、海水浴、釣り、ゴルフ。冬は、スキー、スノボーなど、1年を通して自然のアクティビティを楽しめる環境が充実しています。鰺高は、生徒一人ひとりに寄り添ったきめ細かな指導を通じて、日常の授業、部活動、地域貢献活動やボランティア活動等、地域と一体なった教育活動に積極的に取り組んでいます。

生活・住まいの様子

“あじバス”で鰺ヶ沢を探検

JR五能線鰺ヶ沢駅より徒歩20分、バスで15分ですが、町内は、鰺ヶ沢町コミュニティバス[愛称“あじバス”]が運行しています。町内各地域を結ぶ公共交通機関として運行しているコミュニティバスは、町内どこまで乗っても運賃は100円です。学生証等を提示した高校生はなんと無料です。町内には大型スーパーが4店舗、ドラックストアーが2店舗、総合病院が1院あり、3年間の日常生活に不自由なく暮らせます。鰺バスを利用すれば、海・山・川がそろった大自然いっぱいの鰺ヶ沢を満喫できます。

イチオシ部活

SBP研究会

SBP(ソーシャル・ビジネス・プロジェクト)とは? 地域ビジネス創出プロジェクトを意味する略称です。これは、人口減少や高齢化の進む地域の中で、その地域の高校生が中心となって、行政や民間企業の協力の下、地域資源を活かしたビジネスを立ち上げ、自ら働く場を作り出すことで、地域に残り、ふるさとを守っていこうとする取り組みです。 鰺ヶ沢町、鰺ヶ沢高校SBP研究会OBの方々と協力して、セレクトギフト「鰺の鰺」製作、力士くんおやきの販売を行っています。  全国の高校と連携したプロジェクトである1億円プロジェクト、浜松学芸高校と協働でやってきた胸キュンプロジェクトを鰺ヶ沢バージョンにした鰺きゅん、新しいセレクトギフト開発に力を入れています。 【第6回全国高校生SBP交流フェア】 ・ポスターセッション:評価 輝 ・オーラルセッション:百五総研賞、アドビ賞

詳細情報

学校概要

住所

038-2761

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字舞戸町字小夜72

TEL
0173722106
学校タイプ
全日制
学校種別
共学
県外生徒募集の定員
4
学科・コース
  • 普通科
教員数
24
生徒数(2024年度)

全校生徒 52名(男2923)

  • 1年生1クラス 28名(男1612)/内県外生徒0
  • 2年生1クラス 15名(男78)/内県外生徒0
  • 3年生1クラス 9名(男63)/内県外生徒0
制服

学費・生活費

入学初年度の経費等

入学金
0円
授業料
0円
制服
0円
体操服・体育用品等
0円
教科書・副教材等
0円
PC・タブレット等
0円
修学旅行積立金
0円
学校諸費
0円
合計
0円

生活費(月)

住居費(月額/円)
30,000円
食費(月額/円)
0円
光熱費(月額/円)
0円
合計
30,000円

居住タイプ

住居タイプ
下宿
暮らしタイプ
個室
住居からの通学手段
-
住居からの通学時間
-
住居のサポート
-

部活動

陸上競技部
水泳部
ゴルフ部
野外活動部
バスケットボール部
芸術部
ビジネス部
音楽部
TikTok部
SBP研究会

卒業後の進路

卒業後の進路
国公立大学
私立大学
短期大学
専門学校
就職
専攻科
その他
卒業生数
2023年度00123006
2022年度101440010
2021年度10111100023

資料ダウンロード

資料はありません。

学校のサイト・SNS

©2024 地域みらい留学 All rights reserved.