• 高2留学
  • 鹿児島県
  • 共学
  • 鹿児島県
  • 共学

鹿児島県立薩摩中央高等学校

かごしまけんりつさつまちゅうおうこうとうがっこう

学校ホームページはこちら

学校ホームページはこちら

人・自然・文化が熱に溢れる薩摩の地。多様な専門科目で育む「多角的な目」で未来の生き方を描く。

学校基本情報

鹿児島県立薩摩中央高等学校
〒895-1811 鹿児島県 薩摩郡さつま町虎居1900番
TEL 0996-53-1207
Mail

学校タイプ

全日制

県外生徒募集の定員

高校進学
高2留学 3

学科・コース

普通科

【地域みらい留学ができる学科・コース】

高校進学 -
高2留学 普通科

教員数

0名


生徒数(今年度)

学内内訳 クラス数 男子 女子 県外生徒数
1年生 4 27 29 0
2年生 4 18 28 0
3年生 4 29 19 1
合計 - 74 76 1

※上記数字は調査時期により数字が異なることもあります。


住まい

1
1 住居タイプ
暮らしタイプ 集団
住居費

月額 50,000円

食費

寮費に含む

光熱費

寮費に含む

備考 個室もあり

学校の特徴

「生きる」をテーマに地域と協働

歴史的文化遺産も多く残るさつま町。周りには霊峰紫尾山がそびえ、川内川では蛍が乱飛し、名湯といわれる温泉地が点在しています。
日本の産業が凝縮された町ごと丸ごと学びのフィールドとして、「生きる」をテーマに地域と協働しながら、地域の再発見と課題解決に取り組み、将来の自分を見据えながら必要な資質・能力を養うための体験学習に取り組むことができます。
学びの特徴としては、少人数指導の授業展開のほか、普通科の科目の他に専門学科(農業,工業,商業,家庭,福祉・看護)の科目を選択して履修できます。
地域社会や生活での活用や経験を目的として、目標を設定し、その目標を実現しようと個人やチームで問題解決学習を実践できます。
また、最高格付和牛の飼育、園芸や果樹の栽培から販売、校外での福祉介護体験や金属加工品製作、食品加工品の企画商品化のほか、各専門学科で行う資格取得も可能です。


地域みらい留学生の生活

紫雲寮で協調性を養い、自主性を高める

高校から徒歩3分,付属農場近くに紫雲(しうん)寮(男女入寮可)があり、集団生活の中で必要な協調性を養うとともに、自主性を高める場となっています。
部屋(空調あり)は2~3人での利用が原則ですが、現在は個室での利用となっております。
奄美大島、屋久島をはじめ県外から入学した生徒も生活しており、宿泊指導をする「寮監」と学習面や生活面のサポートを行なう本校の「舎監教員」が、留学生の寮生活を支えます。
また、学校近くには総合病院やドラッグストア・コンビニ・温泉もあり、生活しやすい環境です。


地域とのつながり、地域の魅力

支援コンソーシアムと協働

鹿児島といえば、日本有数の活火山である桜島ですが、さつま町では火山の影響はほとんどありません。冬も温暖で積雪も1,2回ほどです。
そんなさつま町にある唯一の高校が本校であり、町内の行政や事業所等で構成する支援コンソーシアムと協働して、さまざまな学びを展開しています。
温泉や観光等を通したツアーガイド等のおもてなし活動、先進農家やものづくり企業等における研修、小・中学生と高校生の連携活動、ロータリークラブとのサツマイモ栽培交流、さつま町商工会主催の「まちぜみ」の参加やJAと共同企画である「アグリキッズスクール」など、多岐にわたった活動となります。

卒業後の進路

卒業後の進路 国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職 専攻科 その他 卒業生数
2018卒業生 0 4 3 20 48 0 0 75
2019卒業生 0 1 6 19 59 0 0 85
2020卒業生 0 5 5 14 48 0 0 72

学校一覧へ