学校情報

学校情報

長崎県長崎県立対馬高等学校

  • 共学
韓国語を専門的に学べる唯一の公立高校
学校紹介
学校紹介

所在地

〒817-0016
長崎県 対馬市厳原町 東里120
TEL : 0920-52-1114
アクセス

学科・コース

普通科,商業科,国際文化交流科・コース

地域みらい留学ができる学科・コース

国際文化交流科

生徒数(2018年度)

学年内訳 男子 女子 クラス数
1年生 57 97 6
2年生 57 78 6
3年生 70 74 6
合計 184 249 18
全校生徒数 433(うち県外留学生20)

※上記数字は調査時期により数字が異なることもあります。

制服

その他

地域みらい留学生の住居 下宿
住居費
(寮や下宿に最低限かかる費用)
月額 40,000円
その他にかかる主な費用 寮もあり。
食事:下宿は1日3食付き。寮は平日1日3食。休日は朝夕のみで昼食は個人で準備。

住居からの通学手段・時間 寮・下宿からとも約15分

教育目標と方針注目!

「伝統」と「進取」の融合 今、進化に挑む!
(1)礼節を重んじ、誠実で品位のある生徒を育成する。(2)進取の気性を養い、心身の逞しさと正しい判断力を育む。(3)真理を求め、学力の向上に精進する態度を育てる。(4)豊かな情操を養い、奉仕する心と人権尊重の精神を育む。(5)国際感覚を身につけ、他と協調していく態度を育てる。

学校の特徴

伝統・進取・多様性 
○ 全国の公立高校で唯一、韓国語・韓国文化を専門的に学べる「国際文化交流科」があり、島内・県内はもとより、東京・神奈川・埼玉などの関東や、沖縄からも高い意欲を持った生徒が集まっています。
今年度は74名が在籍し、うち島外の生徒が57人(県外19人)です。
このコースは平成15年に設置され、これまでに200人ほどの生徒が卒業し、その内、韓国の大学等へ本校から直接進学した生徒も60名近くにのぼります。

○ 対馬高校は、このコース・科のほかに各学年普通科4クラス、商業科1クラスがあり、全校生徒433名の学校です。そのため、部活動の数も多く、運動部も文化部も盛んに活動しています。
また、本校は創立114年を迎える伝統校であると同時に、国連機関のUNESCOからユネスコスクールにも認定されており、地域の人々の支援を受けて、対馬の良さや課題を学ぶ「ESD対馬学」なども実施しています。

○ 現在の本校の生徒も、最初のきっかけは「KPOP」や「KPOPダンス」、韓国映画やドラマだったりします。そこから入学して韓国語の勉強や様々な経験を通して自分の将来の夢や目標を明確にし、その夢や目標に向かって頑張っています。
あなたも、対馬高校でともに学びませんか?

【参考】H30年度卒業生の進路
国公立大学(25)、私立大学(92)、短大(21)、専門学校(48)、就職(57)、韓国の大学(6)

イチオシ部活

多種多様な部活動
○ 対馬高校には、全校生徒433人という学校規模を生かして、体育部・文化部ともに豊富な部活動数があります。
* 体育部(男女併せて15部)・文化部(13部)

○ 運動部では、一昨年インターハイ出場を果たした陸上競技部や、春季戦で個人優勝したソフトテニス部(女子)などが成果をあげています。

○ 文化部では、地域の行事等でも活躍する吹奏楽部のほか、地域と協力してお菓子などの商品開発を行っている商業経済部や、地域のケーブルテレビの協力を得て番組制作を行っている報道部などがあります。
また、ユネスコスクール部では、地域と協力した活動を模索しているところです。県外からの生徒の多い国際文化交流コースの生徒の中には国際交流部に入る生徒も多く、韓国の高校との交流などのほか、昨年度からはKPOPダンスも活動の中に加え、活動しています。

授業外の学習・進路サポート学校の特徴

夢実現に向けた手厚い指導
○ 対馬高校では韓国語の力を向上させるために、日々の授業だけではなく、授業外の学習として様々な機会を設けています。
その主なものは、以下のとおりです。
(1)姉妹校の「釜山情報観光高校」など韓国の高校との交流
・1年生が夏休みに釜山情報観光高校を訪問し、ホームステイなどを通して交流を深めています。釜山情報観光高校からも秋に生徒が対馬高校に来校するなど、相互交流を深めています。
・姉妹校以外にも、定期的に本校を訪れる韓国の高校もあり、習いたての韓国語にジェスチャーも交えながら交流しています。
(2)「高校生の釜山韓国語研修」への参加(希望者)
・夏休みを利用して長崎県教育委員会が主催する釜山外国語大学での研修に参加することができます。2週間の大学での授業や大学生の交流などを通して語学力を高めたり生きた韓国文化を学ぶことができます。
(3)韓国に関する専門家の出張講義(年5回程度)
・大学の先生をお招きしての韓国についての講義だけでなく、韓国伝統舞踊やテコンドー、韓国料理などを学ぶ機会を設けています。

○ 授業以外にも、課外授業(補習)が行われていて、韓国語のほか、国語や英語、数学なども、しっかりと学ぶことができるようにしています。

○ 寮で暮らす生徒は、毎日交代で本校の先生が舎監として泊まるので、学習時間等にその先生の教科について質問することもできます。

地域みらい留学生の生活

安心の寮生活・下宿生活
○ 対馬高校では、島外からの生徒は里親さんのお宅への下宿か、本校の寮で生活することになります(希望制。どちらかの希望が多い場合には抽選で決定)。

○ 里親さん宅での生活は、先輩や後輩という学年を超えた「家族」との共同生活です。対馬での母親である里親さんが毎日おいしいご飯を作ってくださり、規則正しい生活を送ることができます。
また、寮での生活も先輩や後輩という学年を超えた仲間との共同生活です。学習時間などの規則が定められており、教職員のサポートのもと規則正しい生活を行うことで、社会に出たときに必要となる「生きる力」を自然に身につけることができます。

○ どちらの生活も、自宅を離れて、同じ韓国語を学びたいと全国から集まった仲間たちとの暮らしです。それだけに同級生や先輩後輩のつながりも強くなり、自宅から通う生活とは違った貴重な経験もたくさんできます。

地域とのつながり、地域の魅力

国境の町 韓国に一番近い島
○ 対馬は、九州と朝鮮半島の間に“飛び石的”に位置し、日本の中で朝鮮半島に最も近いという地理的条件から、石器・青銅器文化、稲作、仏教、漢字など大陸文化を伝える日本のフロンティアとして、また、朝鮮通信使(ユネスコ「世界の記憶」)に代表されるように、日韓交流の拠点として外交上重要な役割を果たしてきました。

○ 現代においても、異文化や国際理解を深めるため、朝鮮通信使行列、日韓ビーチクリーンアップや国境マラソンなど、様々な日韓交流のイベントが行われ、生徒もボランティアとして参加します。

○ 歴史や文化だけでなく、ツシマヤマネコ(絶滅危惧IA類)をはじめとする大陸系の動植物、日本系・共通系・対馬固有の動植物が混在するユニークな島として知られます。

○ 現在の対馬には、年間40万人を超える韓国からの旅行者が訪れています。そのため、週末を中心に本校のある厳原町にも多くの韓国人が滞在し、「生きた韓国語」の学びができます。

部活動

体育系
球技
野球(硬式)
サッカー
ソフトテニス(軟式テニス)
バスケットボール
球技以外
剣道
陸上
バドミントン
文化系
音楽
吹奏楽
コーラス
理系
科学
芸術等
茶道
華道
家庭科
文芸
その他
英会話
国際交流
  • 体育系
  • 文化系
球技
  • 野球(硬式)
  • サッカー
  • ソフトテニス(軟式テニス)
  • バスケットボール
球技以外
  • 剣道
  • 陸上
  • バドミントン
音楽
  • 吹奏楽
  • コーラス
理系
  • 科学
芸術系
  • 茶道
  • 華道
  • 家庭科
  • 文芸
その他
  • 英会話
  • 国際交流
  • 体育系
  • 文化系

独自の部活

  • 弓道
  • 報道
  • ユネスコスクール

大学合格実績(2018年度)

国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職 韓国の大学

過去3年の卒業生進路の内訳

卒業後の進路 国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職 韓国の大学
2018年度
卒業生
25 92 21 48 57
2017年度
卒業生
15 95 15 37 55 4
2016年度
卒業生
32 53 13 38 55 3

主な大学合格実績

2018年度実績

釜山外国語大学校1、カトリック大学校1、立命館大学1、国士舘大学1

2017年度実績

立命館大学1、釜慶大学校1、崇実大学校1

2016年度実績

ソウル市立大学校1、中央大学校(韓国)1、立命館大学1、福岡大学1

2015年度実績

釜慶大学校1、東亞大学校1、同志社大学1、日本大学1

2014年度実績

釜慶大学校5、釜山外国語大学校1、ソウル市立大学校1

卒業生数

2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
192 160 172 154 170