学校情報

学校情報

北海道奥尻町立北海道奥尻高等学校

北海道奥尻郡奥尻町Googleマップでみる

TEL : 01397-2-2523

紹介コメント

校長先生からのメッセージ
生徒からのメッセージ
町長からのメッセージ

我が校の特徴

北海道南西部の日本海に浮かび、四方を海で囲まれている奥尻島にある奥尻高校は勉学に集中できる環境です。
島の資源を最大限に活かした「まなびじま奥尻プロジェクト」として、「イングリッシュサルーン」「町おこしワークショップ」「Wifiニーネー」など、様々な取組を進めています。また、起業家教育にも力を入れ、持続可能な社会作りの主体者を育てます。

・スクーバダイビング(選択授業)
透き通った海で、環境問題や命の大切さについて学びます。毎年6月~9月、2年間をかけて「Cカード」と呼ばれるスクーバの基本的な資格を取得しさらに3年生は上級の資格である「アドバンスカード」を取得します。国家資格である潜水士の資格にも挑戦できます。

・奥尻パブリシティ(選択授業)
 災害からの復興の歴史をもつ奥尻島で、代表的な産業である漁業や夏場の観光、伝統である三大祭りなど様々な視点から、島の現代的な課題を探求します。この課題の解決を図り、島の魅力を広く発信していきます。
島全体で地域課題に取り組む孤島の中で新しい自分をみつけて見ませんか。

我が校の一推し部活

これまでの本校部活動は、所属部員不足や遠征費の大きな負担等、慢性的な課題を抱えていました。部活動を活性化することは直接的に本校の魅力化につながるため、この課題への対応は急務でありました。昨年度はこの課題を解決するためにクラウドファンディングに取組、多くの支援をいただきました。この支援を受けて今年度は交流試合等の遠征の回数も増やすことができます。
今年度の最も大きな動きは、新たな部活動の設立です。昨年度成功したクラウドファンディングの流れを受け、主にマーケティングを中心とした活動を展開する「マーケティング部(仮称)」が設立されます。今後は、部活動のみならず生徒会活動全般にわたる活性化が期待されます。

授業外学習サポート

・英語でディスカッション!語学力は評価しません
奥尻にいながらグローバルに活躍でする人材を育成するために、様々な話題について英語で話し合う「イングリッシュサルーン」を開催しています。町の人も巻き込みながら、様々な話題について日本語禁止の90分間で相当な力が身に付きます。語学力で評価することが無いため英語に対する後ろ向きな気持ちを拭い去ることができ、リスニング力や表現力は受験勉強にもつながります。

・数学の出前講習
休日の夜など、自宅の近くの町の施設で数学の出前講習を受けることができます。
この「数学寺子屋」では“自分で気付く、発見する”という数学の楽しさに気付くことや、個々に抱える課題を解決することを大切にしています。

・12時間の集中学習「まなびづけ」
勉強の効率が上がらない、モチベーションは高いのに勉強のやり方がわからない、といった悩みを解決するため連休等を利用して集中勉強会を開催しています。計画を立てて勉強すること、辛さを共有し励まし合いながら取り組むことで悩みを解消し学習習慣を身につけ、受験勉強への準備を進めます。

道外生の生活環境

・大自然の中での下宿
Wi-Fiが完備された下宿先を用意しています。奥尻島外からの留学生には、宿舎費・昼食費・帰省交通費に対し補助金が支給されます。

・島おじ島おば、島おや
留学生に安心して生活して頂けるよう、奥尻島在住の方に島での生活をサポートしてもらう「島おじ島おば」。観光スポットに案内してもらったり手料理をごちそうになったり、奥尻の文化を感じることができます。
また下宿先大家さんのことを「島おや」と呼んでいます。島の生活ではきっと一番お世話になり、頼りになるのが島おやの方々です。

地域の魅力・特徴

球島山からのパノラマと「奥尻ブルー」を銘打つ海、辺り一面に映える緑をいつでも五感で体験することができます。さらにこの3つの大自然の時節の移ろいまで味わう事ができます。山から流れる川を目にすると、樹齢200年を超えるブナ林が奥尻島に生命の水をもたらしてくれていることを実感できます。奥尻の夜は幻想的な漁り火に照らされ、少々明るい程ですが、冬の夜空はくっきりとオリオン座を見て取れる程、美しく澄んでいます。
奥尻島での交流の場として最も大切にされているのは奥尻三大祭りです。
慰霊のために行われている「賽の河原まつり」では、子ども達の相撲大会があり、地元の人々はそこで奥尻の子ども達の成長を実感しています。奥尻で生まれ育つ子ども達は奥尻の人々に見守られながら成長しています。夜には灯籠流しが行われ、祭の参加者はひとえにその幻想的な光景に心を奪われているようです。
大漁を祈願する「室津まつり」では、青苗漁港に、大勢の人々が集まり、子ども達のよさこいや器楽演奏、歌謡ステージなど、とても活気にあふれています。室津島までの漁船パレードが行われるほか、様々なアトラクションで盛り上がります。
「なべつるまつり」は、観光まつりと産業まつりを兼ねた最大のイベントで、奥尻島を盛り上げようとする地元の人々の息づかいが感じられる祭になっています。歌謡ショーやアトラクションが開催され、大いに賑わいます。

学科・コース

  • 普通科

部活一覧

運動系
  • 硬式野球部
  • 卓球部
  • 女子バレーボール部
文化系
  • 吹奏楽部
  • ボランティア局

生徒について

県外留学生
3
卒業後の進路
平成28年度の卒業生進路
国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職
過去3年の卒業生進路の内訳
卒業後の進路 国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職
平成28年度
卒業生
1 2 0 6 3
平成27年度
卒業生
0 2 0 6 5
平成26年度
卒業生
1 1 0 8 8

生活環境

住まい
下宿(学校付近の民宿)/平成30年度に寄宿舎建設予定
気温・気候
夏(最高気温):25~30℃/冬(最高気温)-5~0 ℃
学校までのアクセス
バス「奥尻高校」すぐ/奥尻空港から車で35分
学校周辺環境
コンビニ:バス10分/病院:バス10分/最寄駅(フェリーターミナル):バス15分
費用
寮費:50,000円(町より10,000円補助)/その他生活費10,000円程度