学校情報

学校情報

島根県島根県立江津工業高等学校

島根県江津市江津町Googleマップでみる

TEL : 0855-52-2120

我が校の特徴

少人数の授業で「ものづくり」を丁寧に学び、新時代を生き抜く力を身につける
質実剛健、不撓不屈の校訓のもと、有益な人材を輩出し、日本の産業界を支えています。昨年度は、県内・広島・関西・中京・関東の各地域から908件の求人をいただきました(求人倍率17.1倍)。この求人数は本校が有益な人材を育成しつづけている証です。学科は「建築・電気科」、「機械・ロボット科」の2学科(定員40名各1クラス)です。各学科の専門科目の授業は1年次から建築、電気、機械、ロボット制御の各コースに分かれて学習をします。このことによる少人数の授業によって、生徒の主体的な学習や教職員のきめ細やかな学習支援を実現しています。

我が校の一推し部活

中国太郎「江の川」の河口に位置する学校としてボート部は強豪
江津工業高校は「江の川(ごうのかわ)」が日本海に注ぐ河口に位置していることから、ボート部は強豪校として知られています。毎年のようにインターハイや全国選抜大会に出場しており、男子ボート競技は県の強化指定校になっています。また、近年は女子部員の活躍も目覚ましく、同様に全国大会に出場しています。過去に全国大会に出場した部活動としては、弓道部、ソフトテニス部、野球部などがあります。また、工業高校らしい部活動として、エコカーやバギーカーレースに出場する自動車部やロボット相撲のロボットを製作する情報電子部などがあります。

授業外学習サポート

丁寧な資格補習でさまざまな事象に好奇心をもって意欲的に取り組む技術者に成長
江津工業高校ではさまざまな資格を取得することが出来ます。その結果、昨年度も全国工業高等学校長協会ジュニアマイスターに多数の生徒が認定されました。主に取得する資格として、第二種電気工事士、技能検定機械保全、技能検定建築大工、2級建築施工管理技士等があります。これらの資格取得を支援するために、放課後や休日に資格取得のための補習を実施しており、その結果、高い合格率を維持しています。これらの資格取得の活動がきっかけとなって、さまざまな事象に好奇心をもって意欲的に取り組む技術者に成長しています。

県外生の生活環境

素晴らしい人間関係と美味しい食事に支えられ、たくましい工業人に成長
学校から徒歩15分のところに男子寮「桑蓬寮(そうほうりょう)」があります。建物は昭和56年改築のもので、古さは否めませんが、改修をしながら大切に利用しています。現在、寮生は9名で、2名で一室を利用しています。各居室にエアコンを完備しており快適に生活が出来ます。人数が少ないためにアットホームな雰囲気で、先輩と後輩が仲良く助け合いながら生活をしています。また、夜の点呼の後には全員が食堂で学習をし、苦手なところを教え合っています。寮のアピールポイントは何と言っても朝昼晩の食事の美味しさであり、寮生にも好評です。

地域の魅力・特徴

豊かな自然、郷土芸能「石見神楽」、水と緑の工都江津市
江津工業高校のある江津市は中国太郎と呼ばれる一級河川「江の川」が日本海に注ぐ河口に位置しています。美しい青き日本海に緑濃き山々が接しており、豊かな自然にあふれた町です。江津市には江の川の水を工業用水とした工場が古くからあり、水と緑の工都と呼ばれてきました。また、郷土芸能の石見神楽が盛んで、秋祭りの夜にはあちらこちらの神社から神楽の笛の音が聞こえてきます。このような豊かな自然と文化に囲まれて、素朴で真面目な生徒が育っています。

学科・コース

  • 建築・電気科
  • 機械・ロボット科

部活一覧

運動系
  • 硬式野球部(男子のみ)
  • バレーボール部
  • バスケットボール部(男子のみ)
  • ソフトテニス部
  • 卓球部
  • サッカー部(男子のみ)
  • 弓道部
  • ボート部
文化系
  • 写真部
  • 生活科学部
  • 放送部
  • ものづくり部
  • 音楽部
  • 情報電子部
  • 自動車部

生徒について

県外留学生
2
卒業後の進路
平成28年度の卒業生進路
国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職
過去3年の卒業生進路の内訳
卒業後の進路 国公立大学 私立大学 短期大学 専門学校 就職
平成28年度
卒業生
0 6 1 18 54
平成27年度
卒業生
0 1 1 6 67
平成26年度
卒業生
0 3 0 10 75

生活環境

住まい
寮(学校から徒歩15分)
気温・気候
最高気温 34.8度、最低気温 -2.3度
学校までのアクセス
JR江津駅より徒歩5分
学校周辺環境
スーパー:徒歩5分/病院:徒歩5分
費用
寮費:約35,000円(食費・光熱費込)