ページトップへ ページトップへ

高校2年の1年間、期間は365日。
どこで過ごし、だれと出会うか。
これから何を学び、どんな自分になるか。
人と違ってもいい。人と違うからいい。
そんな時代のなかで、自分らしく生きていく。
まだ何ものでもないキミは
いまから何ものにだってなれるはず。
この一歩が、キミの人生を変える
365日になるかもしれない。

地域みらい留学365とはAbout Project

内閣府と(一財)地域・教育魅力化プラットフォームが共同で今年度から立ち上げる、「地域みらい留学365」。日本ではじめて、高校2年生の1年間の国内単年留学を実現します。都会では味わえない本物の自然や文化に触れ、新たに出会う友達や世代を越えた多くの仲間たちと共に、地域ならではの魅力を肌で感じ、生きた課題に向き合う1年間。こうした経験を通し、その後の高校生活や人生にも繋がるような、「自らみらいを創る力」を育みます。



地域みらい留学365の流れ

地域みらい留学365の流れ

在籍高校

留学後の「なりたい自分」をイメージ。
留学前研修を通じて
1年間の留学生活を計画をしよう!

地域留学先高校

新たな環境で留学生活スタート。
充実した1年間とするため、
自分のテーマに向き合おう!

在籍高校

「なりたい自分」を実現するための
大きな一歩。
地域留学の経験を活かし、
主体的に自分の将来を切り拓こう!

地域みらい留学365の
3つのポイントProject Point

  • 地域ならではの
    魅力を感じ、
    新たな挑戦ができる環境

    都会では感じられない
    本物の自然や文化に触れ、
    感性が磨かれ人間力が
    高まります

    生徒数が少ないからこそ、
    一人ひとりの好奇心に合わせた
    チャレンジが可能です

    寮やホームステイでの生活を通し、
    協働力・自律心を養うことができます

  • 地域や世代を超えた、
    多様な仲間との
    新たな出会い

    仲間と切磋琢磨し、
    先生や周りの大人のサポートも
    受けながら自らみらいを創る力を育みます

    教室だけでなく地域をフィールドに、
    様々な課題解決に向けて、
    地域の方と共に向き合います

    留学前・留学後の研修を通じて、
    全国の地域留学生との
    刺激的なネットワークができます

  • 安心の費用や
    万全のサポート体制

    留学先の寮費・食費等の生活費
    (2~6万円程度/1ヶ月)の負担で
    留学が可能です

    公営塾等の個別で
    学習面をサポートする環境や、
    地域全体で生活を見守る体制が
    整っています

    高校3年間の学習計画の調整など、
    在籍高校と地域留学先高校の
    連携体制を構築します

地域みらい留学365の
詳しい情報を知りたい方向け!

地域みらい留学2020
オンライン
開催決定!

対象:高校1年生・保護者・高校教員の方

参加無料

事前予約制

1年間の留学先となる高校12校が集結します。
留学先の学校・地域の魅力を、先生、先輩、卒業生、寮の管理人さんや地域の方に
直接話を聞ける機会となります。
留学を考えている高校1年生・保護者の方は、
ぜひご参加ください!

第1弾7月26日開催決定 第1弾7月26日開催決定

こんなイベントをご用意しています ●地域みらい留学卒業生の体験談●12校の学校説明会・質問会●地域みらい留学365について こんなイベントをご用意しています ●地域みらい留学卒業生の体験談●12校の学校説明会・質問会●地域みらい留学365について



【主催】(一財)地域・教育魅力化プラットフォーム、
内閣府、地域みらい留学推進協議会
【共催】島根県教育委員会
【後援】総務省、文部科学省
【協力】日本財団

イベントの詳しい開催日時や、タイムラインは、
決まり次第アップします

地域みらい留学365
留学先のご紹介School Information

北海道

ほっかいどう むかわ

北海道鵡川
高等学校

地域をキャンパスとする「むかわ学」、特性を伸ばす少人数学習で、これからの社会で求められる創造力を。

北海道

ほっかいどう ほろかない

北海道幌加内
高等学校

そば生産量日本一のまちの実践的な「六次産業化教育」で、生産、加工、流通・販売を一貫して学ぶ。

北海道

ほっかいどう しゃり

北海道斜里
高等学校

世界自然遺産・知床半島のオホーツク海に面した港町。「観光教育」で、まちのブランディングを学ぶ。

岩手県

いわてけんりつ くずまき

岩手県立葛巻
高等学校

「北緯40度ミルクとワインとクリーンエネルギーの町」で、先生と生徒が一丸となって未来を考える。

山形県

やまがたけんりつ おぐに

山形県立小国
高等学校

子どもを伸び伸び育てる「まなびの土壌」がある地域で、大学や地元企業を巻き込んだカリキュラムに学ぶ。

石川県

いしかわけんりつ のと

石川県立能登
高等学校

世界農業遺産「能登の里山里海」が学びのフィールド~未来デザイン人材育成~

三重県

みえけんりつ すばるがくえん

三重県立昴学園
高等学校

ユネスコエコパーク登録の大台町。全国でも珍しい公立全寮制の全人教育で「22世紀を創る大人」に。

島根県

しまねけんりつ だいとう

島根県立大東
高等学校

子どもから大人までチャレンジが連鎖する雲南で地域を感じ、マイテーマを加速させるスペシャルな365日。

島根県

しまねけんりつ みとや

島根県立三刀屋
高等学校

文科省キャリア教育優良賞受賞!地域が本気で応援する雲南式探究で自分を深めるスペシャルチャレンジ留学。

島根県

しまねけんりつ つわの

島根県立津和野
高等学校

文化が薫る山陰の小京都で、多様な人々との交流を通して将来を考える「あなたの一歩に寄り添います」。

島根県

しまねけんりつ おきどうぜん

島根県立隠岐島前
高等学校

島まるごと学校。「グローカル人材を目指して」、日本一の多様性のなかで学ぶ。

高知県

こうちけんりつ れいほく

高知県立嶺北
高等学校

四季折々に美しい棚田とアユの住む清流を有する「水と大地の学び舎」。ITで地域や世界とつながる。

地域みらい留学体験談・
応援者メッセージVoice

都道府県の枠を越えて
地域の高校への進学する生徒は年々増加しており、
昨年度は約350人が進学しています。

神奈川県→島根県立津和野高等学校→東京大学

鈴木 元太さん

これまでずっと興味の範囲は理系が中心でしたが、津和野に来たことで大きく変わりました。歴史が息づく街で、山の上にある津和野城跡が僕のお気に入りの場所。神社のお祭りや神楽をやっている友達の影響もあって、伝統文化にも興味が広がっています。
都会にいると機会が少ないですが、こちらでは行政の方や農家の方、Iターンして地域おこしに取り組む方、街の和菓子屋さんなど、いろんな職業の方と話す機会に恵まれて、仕事に対するリアリティも持てるようになりました。今は学びたいことがたくさんありすぎて、時間が足りないくらい。将来の選択肢もどんどん広がっています。

東京都在住(島根県立隠岐島前高等学校卒業生の保護者)

應手 麻貴子さん

息子が「なぜかわからないけどワクワクする」ということで、「オープンスクールくらいは行ってみない?」と勧めたところ「まぁ行ってみるかな」と。そこから始まりました。夏休みが終わってみると現実に引き戻されて「やっぱり俺、無理かも」とネガティブな発言も出てきたので、2学期は保護者の私も相当応援しました。
うちはどちらかといえば平均的な子どもです。成績表に2だって普通にある。だからこそ偏差値で輪切りにされた高校に行かせたくなかった。他の保護者さんも自分の子どもの力を信じていただきたい。地域に留学したところで広がるのは日常です。その中でどんなミラクルが起きるのか、それはわかりません。けれど、長い人生の中でそんな時間があってもいいんじゃないかって思うんです。

総務省政策アドバイザー、New Stories代表

太田 直樹さん

「消滅可能性」という予備知識を持って、総務大臣補佐官の職に就いてから、地方を回る旅を始めました。出会ったのは「未来の可能性」でした。それから、延べ100箇所の地方を訪ねました。今は「(地方に)未来を見に行ってくる」と周りに言っています。
また、里山・里海で感じたのは、若い人にとって「海外」と「日本の地方」が、挑戦して成長する場として等距離にある、ということ。例えば、シリコンバレーで活躍していた人と、ばったり宮崎の郡部で出会いました。そこで目を輝かせて、未来の農業に取り組んでいます。
私は、グローバルなコンサルティング会社と国の仕事を通じて、一貫してテクノロジーに関わってきました。人工知能などで将来はどうなるのでしょうか。確実なのは「未来は予測できない」ことと「未来は創るものである」ことです。そういった中では、知識や経験と並んで大事なのは「意思」と「行動」の力です。これらを育むという点で「地域みらい留学」はとても魅力的です。

地域みらい留学365の
留学までの流れFlow

  • 7月▶︎9月 7月▶︎9月

    地域みらい留学2020
    オンラインに参加

    「地域みらい留学365」を知り、
    興味のある留学先の学校情報を調べよう

  • 10月▶︎12月 10月▶︎12月

    在籍する高校に相談し、
    学校間での調整を開始

    在籍校・留学先校と一緒に、教育課程などについて、
    具体的な調整を始めよう

    留学を希望する学校を決定

    応募書類を提出し、
    検査(書類・面談・学力テストなど)を受けよう

  • 2月 2月

    留学先の学校と最終的に意思を確認

    学校間での調整事項をまとめた確認書を作成し、
    最終手続き書類を提出しよう

  • 8月 8月

    留学スタート

※留学までの流れは学校により一部異なる場合があります

「地域みらい留学365」
GUIDE BOOK
ー高校2年生の1年間、地域で学ぶ 国内単年留学を検討する高校1年生へー
「地域みらい留学365」GUIDE BOOKは、国内単年留学にチャレンジしようとする現在高校1年生の皆さんが来年1年間の留学を検討するにあたり、必要な情報をまとめたものです。「地域みらい留学2020オンライン」に参加する前に、ダウンロードしてご確認ください。
留学先校必履修チャート
高校卒業には、各学校が定める科目や一定の単位数を取得する必要がありますが、教育課程は学校ごとに異なります。留学先校必履修チャートでは、留学先12校で2年次に履修できる単位を一覧できます。留学した場合に単位がどうなるのか、確認しましょう。卒業を認定するのは最終的に在籍校となりますので、留学を検討していることについて、早いタイミングから在籍校の先生に相談することをおすすめします。
在籍校の教育課程表をご用意ください。
留学先校必履修チャートで、在籍校で2年次に履修する必履修科目が、
希望する留学先で取れるか、重複する履修はないかを確認してください。
ガイドブックと留学先校必履修チャートを持って、在籍校の先生に相談してください。

よくあるご質問FAQ

「地域みらい留学365」とはどのような事業ですか?
「地域みらい留学365」は、内閣府の高校生の地域留学推進のための高校魅力化支援事業*として、2020年度に新たにスタートしました。在学する高校とは別の地域の高校で1学年を過ごす「地域留学生」が、その高校ならではの魅力的な高校生活を送れるよう、地域・高校が一丸となってサポートします。(一財)地域・教育魅力化プラットフォームが、当事業の事務局を担っています。
*将来的な関係人口の創出・拡大を目指し、高等学校段階における「地域留学」を推進するため、全国から高校生が集まるような高等学校の魅力化に取り組む地方公共団体を支援する事業です。
「地域みらい留学365」をもっと詳しく知りたいのですが・・・。
7月〜9月に開催される、留学先となる12の高校が集結する「地域みらい留学2020オンライン」にご参加ください。留学先の学校・地域の魅力を、先生、先輩、卒業生、寮の管理人さんや地域の方に直接話を聞ける機会となります。最新情報はメールマガジンで随時お届けしますので、ぜひご登録ください。
応募するための条件はありますか?
高校2年生の1年間が留学期間となりますので、現時点で高校1年生であることが条件となります。「違う環境で色々なことに挑戦したい!」「新たな自分を見つけたい!」 という方は、選択肢の一つとしてご検討ください。
どのようなカリキュラムで学べますか?
本物の自然や独自の伝統を有する地域の特色を活かしたここにしかない学び、地域がバックアップするキャリア教育による実践的な学びが得られるカリキュラムなどが学校ごとに用意されています。
(学校情報は現在準備中です)
留学までの流れはどのようになりますか?
7月〜9月は、「地域みらい留学2020オンライン」に参加して、まずは「地域みらい留学365」について知りましょう。興味のある学校を調べて、留学のイメージを膨らませてください。留学に向けては、在籍高校、留学先高校との調整が必要ですので、夏休み明けには、在籍高校の先生に相談を始めましょう。10〜12月は、希望校を決め応募をし、検査(書類・面談・学力テストなど)を受けてください。2月に留学の最終の意思を確認し手続きをしたら、4月から留学がスタートします。
(留学までの流れは学校により一部異なる場合がありますので、地域みらい留学2020オンラインにてご確認ください)
3年間で高校を卒業できますか?
高校卒業には、各学校が定める科目や一定の単位数を取得する必要があります。教育課程は学校ごとに異なりますので、まず在籍高校と留学先高校の教育課程を入手しましょう。留学時の単位互換について、両校で調整を行ったうえで、最終的に留学を決定します。
(ガイドラインは現在準備中です)
費用はどの程度かかるのでしょうか?
基本的に留学先での寮費や食費等の生活費(1ヶ月2~6万円程度)を負担することになります。
(学校情報は現在準備中です)
住む場所はどうやって探すのですか?
各留学先の高校にて、寮もしくはホームスティ先を確保します。
(学校情報は現在準備中です)
安心して学び、生活するためのサポート体制はありますか?
留学先の高校は、生徒数が少ない分一人ひとりが主役になれる環境です。高校と地域を結ぶ「コーディネーター」を中心に、ホームステイ先のご家族、寮の管理人さんなど、地域全体で生活面・メンタル面を見守ります。
地域みらい留学365としまね高2留学365は同じ仕組みですか?
同じ仕組みになります。
地域みらい留学365は当仕組みの全国単位での総称、しまね高2留学365は島根県単位での総称になります。

その他、地域みらい留学について

地域みらい留学365の最新情報は
SNSをフォローしてチェック!