※新型コロナウイルスの
感染拡大防止対策と、
皆様の安全に最大限配慮し
運営致します。
フェスタ内容の最新情報については、
本サイト及びSNSで随時お知らせします。

今までとは異なる環境で
学びたいあなた

新しいことにチャレンジしたいあなた

自然が大好きなあなた

留学先の学校・地域の魅力を、先生、先輩、卒業生、寮の管理人さんや地域の方に直接話を聞ける機会となります。

高校進学の新たな選択肢として、
ぜひご検討ください。

今まで考えていた高校生活とはひと味違う、地域で学ぶ未来が皆さんを待っています!

主催

(一財)地域・教育魅力化プラットフォーム、内閣府、地域みらい留学推進協議会

共催

島根県教育委員会

後援

総務省、文部科学省

協力

日本財団

日程

7月以降随時開催予定です。

開催日時やオンラインでの参加方法、イベント内容等が決まり次第、本フォームにご登録頂いた方へ優先的に情報をお届け致します。

よくある質問

Coming soon

参加者、経験者の声

色々な大人と出会い、関わることで「自分の言葉で喋れる」ように。

細川 真住さん

東京都→広島県立大崎海星高等学校→青山学院大学

高校にも自分と合う・合わないという相性があるもの。なので、広島の大崎海星高校、沖縄の久米島高校、岩手の葛巻高校の3つを見学した上で、私は海の近くで学びたいなと思い、大崎海星高校の高校を選びました。
高校では色々な人の話を聞くことで、様々な職業を知ることもできましたし、何より自分の考えが深まり、価値観が広がったと感じます。迷った時は大人の人に相談して、意見を聞くようになりましたね。
高校ではニュージーランドに2週間、セブ島に1ヶ月間、留学させてもらうこともできたので、大学生活の中でも海外へいくことができたらと考えています。

人と違ってもいいと思う。僕は、自分らしい道を選びたい。

鈴木 元太さん

神奈川県→島根県立津和野高等学校→東京大学

これまでずっと興味の範囲は理系が中心でしたが、津和野に来たことで大きく変わりました。歴史が息づく街で、山の上にある津和野城跡が僕のお気に入りの場所。神社のお祭りや神楽をやっている友達の影響もあって、伝統文化にも興味が広がっています。
都会にいると機会が少ないですが、こちらでは行政の方や農家の方、Iターンして地域おこしに取り組む方、街の和菓子屋さんなど、いろんな職業の方と話す機会に恵まれて、仕事に対するリアリティも持てるようになりました。今は学びたいことがたくさんありすぎて、時間が足りないくらい。将来の選択肢もどんどん広がっています。

この子ならではの輝ける場所があるはずだと、そう信じて。

應手 麻貴子さん

東京都在住(島根県立隠岐島前高等学校卒業生の保護者)

息子が「なぜかわからないけどワクワクする」ということで、「オープンスクールくらいは行ってみない?」と勧めたところ「まぁ行ってみるかな」と。そこから始まりました。夏休みが終わってみると現実に引き戻されて「やっぱり俺、無理かも」とネガティブな発言も出てきたので、2学期は保護者の私も相当応援しました。
うちはどちらかといえば平均的な子どもです。成績表に2だって普通にある。だからこそ偏差値で輪切りにされた高校に行かせたくなかった。他の保護者さんも自分の子どもの力を信じていただきたい。地域に留学したところで広がるのは日常です。その中でどんなミラクルが起きるのか、それはわかりません。けれど、長い人生の中でそんな3年間あってもいいんじゃないかって思うんです。